スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚咽と尿の音

会社の新入社員四人を連れ、海外へ研修に行きました。

大卒の男が三人。短大卒の女が一人で、その四人は僕の部下になります。

そのメンバーで街を歩いていると、部下の女の子がトイレに行きたいと言うので、近くの公衆トイレに行かせました。

彼女がトイレに行った後、僕ともう一人の部下ももよおしてきたため、同じ公衆トイレに入ります。

ところで海外の公衆トイレは、個室のドアを開けると両側の壁が異常に低く、隣の便器が丸見え!…という事はよくあります。

ここも同じだったらしく、ドアを開けると、タイトスカートを腰までまくり上げて放尿する彼女の姿がありました。

「き…きゃーっ!」

慌てる彼女と、動揺する僕の部下。

彼女は真っ赤になって放尿を途中で止め、アソコも拭かずに下着を上げようとしたため、私はきちんと教えてあげました。

「このトイレを恥ずかしいと感じる事は、この国の文化を否定することだよ。
さ、続けなさい」

隣の部下はずっと、おしっこで濡れた陰毛を凝視しています。

「排泄行為は、恥ずかしいことじゃないんだよ」

彼女は呆然とし、再び和式便器にしゃがみます。

「大丈夫。そのままおしっこを出しなさい。」

しかし緊張からか、なかなか彼女の尿が出ません。

そうこうしているうちに、外で待っていた二人も公衆トイレに来ました。

僕は個室のドアを開け、彼らを招き入れます。

オジサンの僕と、大卒の男三人に見守られながら、彼女は泣きながらようやく放尿。

「あ…ぁ…うっぁ…ぁ…」…じょ…じょ…じょぼぼぼぼ…

彼女の嗚咽と尿の音が、壁のない公衆トイレ内に響き渡ります。

放尿を終えた彼女が、ポケットティッシュでアソコを拭こうとしたため、

「君、拭いてあげなさい」
と、一人の部下に言いました。

彼は大喜びで、ティッシュでアソコをモミモミします。

最後に、しゃがんでいた彼女を立たせ、みんなでアソコを視てみると、ティッシュの残りカスがあります。

我々はチームとして、全員でティッシュを取り除いてあげます。

さらに!おしっこ臭いアソコに、しゃぶりついて舐めたり写メを撮る三人。

「あっ…や…ダメ…あぁぁぁ!」

おしっこ後のアソコを舐められ、恥ずかしさと興奮からイってしまい、茫然自失な彼女。

こうして研修中の三日間はずっと、彼女の排泄行為と性欲を全員で協力し、チームの絆が深まった研修となりました。
スポンサーサイト

放尿の興奮

放尿についてですが、私自身の趣味というより、付き合ってた元彼が好きで、いくつかプレイの流

れで経験あります。
その彼とエッチな関係になって一月した頃ホテルで一緒にお風呂入ったりしてたら、尿意がありト

イレに行こうとした時に、(ここでしたら?)って事を言われて、恥ずかしいけど見たがってたので

したのが初めてでした。
セックスと違い、じっと見られるなかでのオシッコは恥ずかしいばかりでしたが、それから何度も

、そんな事があり(しがまれて)ノーマルなセックスしかしない人と思ってた彼が、飲尿好きな事が

わかり、見るだけでなく、飲む事に歓び感じる変態でした(笑)
ところが、その頃になると、こちらもオシッコを飲ませてあげる的な興奮を覚えるようになり、セ

ックスもいろんな衣装でのプレイが普通になる始末(汗)
二人の関係も普段から奴隷的な感じになり、このままではいけないって感じで別れてしまったので

すが、あの時に見られる恥ずかしさから、排泄するものを、歓びながら飲む男をみる事の興奮を、

たまに味わいたくなるのも、私にも十分変態なのでしょう(笑)
因みに、その彼はパンティはいたまま放尿し、濡れたパンティを、ちゅーちゅーしゃぶるのが好き

でしたよ




放尿のススメ

放尿プレイ、興味があっても実行することには抵抗があって一歩引いてしまう、そんな人、いると思います。

やっぱりおしっこをだすわけですから、汚れや匂い、気になりますよね。

後始末も大変だし、お洋服なんかを汚してしまうと大惨事ですから。

さらに、そんな趣味があることを知られたら、彼に軽蔑されないかしら、愛想をつかされてしまうのではないか。

そういった心配も、みんなにあると思います。

むしろない人がいるのか、ってくらいですね。

心配なひとは、ちょっとエッチな話題になったときに、さりげなく、遠回しに言っていくといいと思いますよ。

カンづかれない程度に。

うまくいけば、相手も物珍しさに食いついてくると思います。

彼さえ気に入れば、もしかしたら毎回とはいわずにも、何回かに1回くらいの頻度で放尿プレイをしてくれるようになると思います。


プロフィール

オレンジ935

Author:オレンジ935
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。