スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放尿されるのはたまりません

放尿を顔射にされるのが大好きでザーメンなんかは当たり前です。たっぷりとかけられればかけられるほど身体の中が熱くなってきて頭がマヒしてきます。顔にザーメンをかけられた上に口放尿されるのはたまりません。

最近はご無沙汰なプレイなので彼氏におねだりまでしちゃいます。ザーメンの欲求不満な感じは分かってもらえないかも・・・

常日頃から欲求不満なので、合コンで好みの子を見つけてしまうとトイレにいってすっきりしてこないとまともでいられません。

こんなに放尿とザーメンが大好きな女の子はめったにいないので貴重な存在だとセフレにも言われています。
スポンサーサイト

放尿が好きで好きでたまらない変態おじさん

本当に放尿が好きで好きでたまらない変態おじさんですが、の女の子を見ただけで、なんとなくぶちこみたくなる以上に放尿が見たくなります。フェラさせながら放尿させてみたくなるおじさんはやっぱり変態ですよね。

そんな私がお付き合いしているのは29歳のむちむち感がたまらない本当に可愛いギャルで自分でももったいないと思っています。


調教するのには時間がかかりましたが、どんなアブノーマルなプレーも満足がいく状態です。


かんたんに屋外、車内はしますし個室居酒屋なんかでも平気で脱いじゃいます。こんな風にお互いを求めあう変態カップルなんです。


そんな可愛い彼女も最初は嫌がっていました優しく教えたところテクニックもあがり私を満足させてくれます。


最初のころは全くの奥手でフェラすら出来ずにいました。もちろん放尿なんか絶対にしてくれませんでした。しかしながら彼女へ奉仕しているうちに悪いと思ったのか色々と私が喜ぶようにしてくれるようになりました。

桃の香り

桃を目利きし今日は、香りだつ桃を。堪能した。なんともジューシーな味わいがたまらない祝福のひと時だった。 桃は、また冷製のsoupにしても美味しい。桃をかわなりcut
してレモンシロップ水に、一時間程漬け込み軽いコンフォートにする。そして、takanasiのcreamにこのコンフォートした桃と10ccぐらいのシロップと30cc程のネクターをミキサーに粗めにかける。かけすぎても美味しくない。また、冷蔵保存も」1時間程だ。乳化が、あまりしないほうが、私は、好きだ。この季節の最高の楽しみでもあり彼女の喜んで楽しんいる。

美人教師お漏らし

少し前に知り合った美人は、28才・高校教師。

お嬢様大学も出ていて、かなりプライドが高い女でした。

僕がドライブデートに誘ったら、もったいぶりながらOK。

…が、ドライブ当日。

僕の中古の国産車や、ランチの店がお気に召さなかったらしく、つまらない表情…。

しかも、「来週は他の人とデートがあるから」

…と、次またデートに誘われないよう、イヤミったらしい伏線まで!

こんな女にはお仕置きが必要だ。

立ち寄ったカフェでは沢山ドリンクを飲ませ、わざとコンビニやトイレのない道を走行してやりましたw

何度もトイレに行きたいとせがむ女。

とうとうガマンできなくなったみたいなので、僕は紳士を装いながら
「そこの草むらでして!人が来ないように僕が見張ってるから!」
…と、草むらで放尿させてやったw

女はスキニージーンズを下げて…

じょぼじょぼぼぼ…じょっじょっ…

ハハハハ!

知的お嬢様でプライドが高い、美人教師が、俺の背中越しに草むらでおしっこだぜw

放尿中、もちろん後ろを振り返って見て、デジカメで撮影してやったw

しゃがんで背中を丸め、パンツ下げたM字開脚姿をパシャリw

俺はそっと立ち位置を変え、女の前に立ち、
女が「…え?」と顔を上げた瞬間、デジカメ連写!w

マ☆コからおしっこ出てるとこがバッチリ撮れたw

「き、きゃー!何!?何!?デジカメ…やぁぁぁん!」

顔を真っ赤にしながら涙目で怒っていたけど、もう立場は逆転w

放尿中に立ち上がったから、おしっこは垂れ流し。

しかも足がフラついて、尻もちついた拍子に、じょっじょっ…て、美人教師にも残尿ってあるんですねw

データを削除してとお願いされたので、おしっこ臭いマ☆コを嗅がせてもらうのと引き換えで、削除してやったよw

クンクン…
「アンモニアくせーwこれもう異臭の領域だぜw」
散々臭いマ☆コを嗅いで、言葉でも辱めてやったので、
俺的にはすげぇ楽しいドライブになったなw

こんな臭いマ☆コ初めてだぜw

美人教師がお漏らしして、臭い臭い言われて涙目になる姿、たまんねぇなw




嗚咽と尿の音

会社の新入社員四人を連れ、海外へ研修に行きました。

大卒の男が三人。短大卒の女が一人で、その四人は僕の部下になります。

そのメンバーで街を歩いていると、部下の女の子がトイレに行きたいと言うので、近くの公衆トイレに行かせました。

彼女がトイレに行った後、僕ともう一人の部下ももよおしてきたため、同じ公衆トイレに入ります。

ところで海外の公衆トイレは、個室のドアを開けると両側の壁が異常に低く、隣の便器が丸見え!…という事はよくあります。

ここも同じだったらしく、ドアを開けると、タイトスカートを腰までまくり上げて放尿する彼女の姿がありました。

「き…きゃーっ!」

慌てる彼女と、動揺する僕の部下。

彼女は真っ赤になって放尿を途中で止め、アソコも拭かずに下着を上げようとしたため、私はきちんと教えてあげました。

「このトイレを恥ずかしいと感じる事は、この国の文化を否定することだよ。
さ、続けなさい」

隣の部下はずっと、おしっこで濡れた陰毛を凝視しています。

「排泄行為は、恥ずかしいことじゃないんだよ」

彼女は呆然とし、再び和式便器にしゃがみます。

「大丈夫。そのままおしっこを出しなさい。」

しかし緊張からか、なかなか彼女の尿が出ません。

そうこうしているうちに、外で待っていた二人も公衆トイレに来ました。

僕は個室のドアを開け、彼らを招き入れます。

オジサンの僕と、大卒の男三人に見守られながら、彼女は泣きながらようやく放尿。

「あ…ぁ…うっぁ…ぁ…」…じょ…じょ…じょぼぼぼぼ…

彼女の嗚咽と尿の音が、壁のない公衆トイレ内に響き渡ります。

放尿を終えた彼女が、ポケットティッシュでアソコを拭こうとしたため、

「君、拭いてあげなさい」
と、一人の部下に言いました。

彼は大喜びで、ティッシュでアソコをモミモミします。

最後に、しゃがんでいた彼女を立たせ、みんなでアソコを視てみると、ティッシュの残りカスがあります。

我々はチームとして、全員でティッシュを取り除いてあげます。

さらに!おしっこ臭いアソコに、しゃぶりついて舐めたり写メを撮る三人。

「あっ…や…ダメ…あぁぁぁ!」

おしっこ後のアソコを舐められ、恥ずかしさと興奮からイってしまい、茫然自失な彼女。

こうして研修中の三日間はずっと、彼女の排泄行為と性欲を全員で協力し、チームの絆が深まった研修となりました。
プロフィール

オレンジ935

Author:オレンジ935
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。